CONTACT US
大阪中之島RCについて

ご挨拶

大阪中之島ロータリークラブ
2019-20年度会長

木村 眞敏

2019-20年度 大阪中之島ロータリークラブの活動方針

2019-20年度国際ロータリー会長のマーク・ダニエル・マローニー会長の今年度のスローガンは、「ロータリーは世界をつなぐ」であります。
国際ロータリーは、地域社会とつながり、職業ネットワークを広げ、更に、国連等国際機関などとの協力等を通じ、グローバルコミュニティとつながっています。
私達の奉仕活動は、同じ価値観を共有し、より良い世界の為に行動したいと願う人々と結びつきをもたらします。また、ロータリーは家族との時間を犠牲にするものではなく、家族とのつながりをも提供する場であります。
本年度は、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下で、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすための繋がりを築いてまいりましょう。


これを受けて2019-20年度 国際ロータリー第2660地区ガバナー四宮孝郎氏は、今年度の地区スローガンに “Stand By You”~あなたと共に~ を掲げておられます。
このスローガンを設定するにあたり、次の2つのことを思い描いたそうです。

1. 常に相手の目線に立ったロータリーの奉仕活動
私たちは、奉仕活動をするにあたり、常に相手に寄り添い、同じ目線に立って計画し、実施して参りましょう。これにより、真のニーズが把握でき、より実りの多い活動になるでしょう。

2. 新入会員と共に
入会3年未満の会員の退会理由の、真の理由は「寂しさ」にあるともいます。新しい仲間と寄り添い、新たな友人ができた喜びを分かち合いましょう。

なお、強調事項として、以下の3点を強調されています。

1. 効果の持続性が期待される有意義な奉仕事業(活動の絞り込み)
少人数の倶楽部では、奉仕活動において、ともすれば、過去の活動の踏襲に陥り、実際のニーズに離れたものとなる恐れがあります。
次年度に向けては、再度検証され、奉仕活動を絞り込み、より有意義な活動を選択されることも選択肢の一つとして推奨します。

2. ロータリーファミリーの絆を深める
ロータリーファミリーとは、ロータリアンのみならず、青少年奉仕部門等や米山奨学生、財団奨学生等々を含みます。

3. ロータリー賞の獲得を目指す
目標を立て、是非各クラブが獲得されるようン目指してください。


以上が、国際ロータリー及び2660地区の今年度のテーマであります。そこで、大阪中之島ロータリークラブとしましては、当クラブの特性、伝統、地域性、現状等を斟酌し、今年度の方針は以下の通りとします。

1. 当クラブの現状
当クラブの規模からして、事業、行事数等が多少過剰すぎるのでではないかと思われます。例えば、海外事業や行事だけでも、ベトナムのVTT事業、インターアクトの海外研修、台北福齢RCとの相互訪問(従来は隔年であったが、現在は毎年)、モンゴルへのドクターカー支援事業があります。又、前年度の、社会奉仕事業だけでも4件(餅つき、エイズ、西成食堂、三世代奉仕事業等)、職業奉仕事業も3件(出前事業、禅道場、職場体験等)、更に、三世代クラブの懇親会が前年度は3回行われています。
言うまでもなく、ロータリークラブは職業人の団体でありますから、クラブは仕事をしながら、参加しやすい(全員参加を目指しております)環境でなければなりません。
殊に、若手のロータリアンは第一線で仕事をしている人たちです。彼等が参加可能なクラブ環境でなければ、若きロータリアンがいなくなってしまいます。若者のいないロータリークラブの明日はないであります。
なお、過剰な事業、行事を無理して、そのまま維持すれば、事業がマンネリするだけでなく、参加者が少数化してしまいます。

2. 方針
持続可能な事業をするためには、持続可能なクラブでなければならず、そのためには、第一線で仕事をしている会員にとっても参加しやすいな事業数、行事数でなければなりません。
そこで、今年度のスローガンを「選択と集中」とさせてもらいます。
有益で、効果的な事業や行事を選択し、当該選択した事業に集中したいと思います。要するに、質の高い事業を目指したいと思います。更に、全員参加型の事業を目指します。
昨今、国際ロータリー等から、世界や時代の潮流に乗り遅れないために、クラブの多様性、柔軟性等が主張されております。
私は、クラブの多様性、柔軟性を実現するためには、クラブ内の会員の多様性、柔軟性が大いに認められなければならないものと思っています。
ロータリークラブは、異業種の人たちが交流し、親睦を深め、奉仕事業を通じて、そこに絆が生まれるものであります。
只、クラブ会員は、いろいろな職業、職場での位置(現役、引退)、年齢、環境等により、ロータリーに対する温度差がいろいろ違います。
ロータリークラブは、上記のような、多様な会員を繋ぐ緩やかな紐帯であるべきだと思っております。
そして、上記の多様な会員各位が、いろいろな場面で、その特性を生かして事業参加する中から、会員相互、奉仕の相手方との間で、新たな絆が生まれるものと思っています。
上記のごときクラブ活動を通じて、大阪中之島ロータリークラブに素晴らしい絆が築かれること願っております。

大阪中之島ロータリークラブ 2019-20年度会長
木村 眞敏

OVERVIEW

大阪中之島ロータリークラブ
創 立:1992年(平成4年)10月29日
例会日:毎週木曜日 12:30~13:30
例会場:太閤園[大阪市都島区網島町9-10]

大阪中之島ロータリークラブ事務局
〒534-0026
大阪市都島区網島町9-10太閤園内
TEL:06-6353-2215
FAX:06-6353-9889
E-MAIL:
info@osaka-nakanoshima-rc.org