CONTACT US
大阪中之島RCについて

ご挨拶

大阪中之島ロータリークラブ
2018-19年度会長

西田 末彦

2018-19年度 大阪中之島ロータリークラブの活動方針

2018-19年度 国際ロータリー会長 バリー・ラシン氏のテーマは「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。
ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変える力を持っている。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現する為に、私たちはロータリーでの自分の役割、世界におけるロータリーの役割を、ソーシャルメディアを活用して公共イメージアップに取り組むべきであり、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出す為のインスピレーションとなる必要があると言われています。

これを受けて2018-19年度 国際ロータリー第2660地区ガバナー 山本博史氏は、あえて地区のテーマやスローガン、キャッチコピーは作らない、しいて言えば2660地区のテーマも「BE THE INSPIRATION」だと言われています。

「インスピレーションになろう」とは少し分かりにくい表現ですが、インスピレーションには勿論、ひらめきとか霊感とかの意味もありますが、私はここで使われているインスピレーションはインスパイアの意味合いが強いと思っております。インスパイア、すなわち相手を感動させる、奮い立たせる、鼓舞する、元気付ける、と言う事です。

したがいまして、今年度の大阪中之島ロータリークラブのテーマも「BE THE INSPIRATION」とさせて頂きます。ただし日本語では「クラブの活性化」とさせて頂きます。勿論クラブが活性化するには、まず私たち大阪中之島ロータリークラブの会員一人ひとりが元気で明るく前向きでなければなりません。そして変化を恐れず持続可能な奉仕活動をする事によってそれにたずさわった人々、地域社会を元気に、また感動させ、活性化出来るものと考えております。

第2660地区の2018-19年度の方針は次の10項目です。

1. ポリオ撲滅への協力をお願い致します。

2. ロータリー賞の受賞を目指してください。

3. ロータリー財団と米山記念奨学会への協力をお願いします。
年次基金寄付:150ドル/会員
ポリオ寄付:50ドル/会員
ベネファクター〈恒久基金寄付〉:1名/クラブ
米山寄付:30,000円/会員

4. 会員基盤を増強してください。

5. ロータリーのIT化への協力と公共イメージ向上へのチャレンジをお願いします。

6. 戦略計画を活用し、クラブの中長期ビジョンを策定してください。

7. 新IM内の親睦と情報交換を推進してください。

8. ハンブルク国際大会、地区大会、地区事業への積極的参加をお願いします。

9. 「地区ロータリーデー」にご参加ください

10. 地区のスリム化、効率化、運営の合理化、財務ルールの徹底を致します。

次に今年度の大阪中之島ロータリークラブの具体的な奉仕活動についてお話したいと思いますが、その前に今年度は大きな事業がほとんど御座いません。前年度は大きな事業として、まず大阪中之島ロータリークラブの創立25周年記念式典及び祝賀会が御座いました。その時には片山 勉ガバナー初め地区役員の方々、姉妹クラブであります台北福齢ロータリークラブからは二十数名の方が来られました。三世代合同社会奉仕事業は私どもがホストで水上隣保館への奉仕事業を致しました。また太閤園三クラブ合同懇親会も、城北ロータリークラブがホストでしたが御座いました。

今年度はその様な大きな事業が御座いません。しかしそれを逆手にとって今年度は今まで理事・役員様をされた事のない入会してまだ日の浅い会員の方を出来るだけ多く理事・役員として抜擢致しました。つまり明日の大阪中之島ロータリークラブを支えてくれる人材を育てたいと思っております。勿論こう言っている私もまだロータリー歴も浅くロータリーにそんなに精通している訳では御座いませんが、出来るだけ各奉仕委員長に協力したいと思っております。そして各奉仕委員長には経験も実績もある副委員長をつけさせて頂きました。戸田国際奉仕委員長には高島会員と栗山会員、村上職業奉仕委員長には早瀬会員と福田会員、そして井本親睦活動小委員長には早瀬会員と杉村会員。そういう事で各委員長には変化を恐れず思いっきり自由な発想と行動力で活躍して頂きたいと思っております。

今年度のおもな奉仕事業としては、国際奉仕委員会は1月にベトナムダナン病気へのVTT事業、親睦活動小委員会は年末と来春に親睦家族会、職業奉仕委員会は前年度に引き続き出前授業と陽松庵での座禅体験、そして社会・青少年奉仕委員会は8月ににしなりの子供食堂への支援事業としてボーリングと食事会、12月には成美学寮での餅つき大会、白坂先生の日本エイズ学会学術集会への協賛支援等々を予定しています。

私共大阪中之島ロータリークラブの中長期目標は地区内での中堅クラブを目指そうです。奉仕事業では毎年各委員長が中心となって活発な奉仕事業をしてくれておりますし、今年度も地区に沢山の方が出向しておりますし高島ガバナーも輩出しましたし、今年度は福田会員がガバナー補佐を務められ、次年度は北村 讓会員がガバナー補佐になる事も決まっております。そう言う意味では地区への貢献度も高く地区内でも中之島ロータリークラブは活発なクラブだと思われていると思います。ただ如何せん会員数が30名前後ではやはり中堅クラブとは言いづらいかと思います。5年後の30周年には何とか会員数50名を達成したいと思います。今年度はその礎として会員数40名を目指したいと思っております。

最後に山本ガバナーも言っておられますが、ロータリーの主役は地区ではなくクラブです。そしてクラブに所属している会員の皆様だと言われています。どうかその事を常に心に刻んで頂き、自覚を持って自分がクラブを活性化するんだ、クラブを変えるんだ、地域社会をそして世界を変えるんだと言うくらいのつもりで今年一年取り込んで頂ければと思います。

今年一年クラブの活性化の為、皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

大阪中之島ロータリークラブ 2018-19年度会長
西田 末彦

OVERVIEW

大阪中之島ロータリークラブ
創 立:1992年(平成4年)10月29日
例会日:毎週木曜日 12:30~13:30
例会場:太閤園[大阪市都島区網島町9-10]

大阪中之島ロータリークラブ事務局
〒534-0026
大阪市都島区網島町9-10太閤園内
TEL:06-6353-2215
FAX:06-6353-9889
E-MAIL:
info@osaka-nakanoshima-rc.org